【ボードセイリング部】TECHNO293 & TECHNO293+WORLD CHAMPIONSHIPS 2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

①2018/8/4-8/11

②体育会ボードセイリング部

③TECHNO293 & TECHNO293+

WORLD CHAMPIONSHIPS 2018

④Liepaja Latvia

⑤稲垣瑠晟 経済学部 4回生 オープンクラス4位/17位

 

青戸敦司 経済学部 3回生 オープンクラス14位/17位

 

⑥ラトビアの西部リエパーヤの海で今年は世界選手権に甲南大学から2名が参加した。

日本のトップ層で今年度は参加したが同時にレースを行った別クラス:ユースクラスの選手は非常にレベルが高く日本選手を圧倒した。

日本選手は微風域でのリザルトがよくトップリザルトを出すも強風域での海外選手に圧倒された。

稲垣は2回目の出場であったが昨年に比べ戦えるケースが多くなりチャンスを確実に自分のものにできたことが良い結果へと導いたと考える。

世界の基準、技術、戦術を活かし次月の全日本学生ボードセイリング選手権優勝に向けて精進していきたい。